ジムカーナ競技会情報

ジムカーナの競技会は、日本全国で実施されています。例えば、中部地方では、中部地区戦や東海シリーズ、北陸シリーズ、キョウセイシリーズ、G6ジムカーナと言ったいろいろなシリーズが実施されています。
2012年の競技会の情報を見てみると、中部地区線はだいたい1カ月に1度くらいのペースで開催されています。10月までの8戦が繰り広げられています。東海シリーズについても、10月までに8戦が行われています。北陸シリーズについては、やや数は少ないです。中部地区線は3月から始まっていますし、東海シリーズについては既に1月から開催されています。しかし北陸シリーズはやや遅く5月からスタートしています。しかも5月が終わると、少し間隔が空きます。7月に今度は開催されます。その後は1カ月に1度くらいのペースで大会が開催されることになります。9月までに5戦の戦いが繰り広げられることになります。
キョウセイシリーズについてですが、2月の終わりに始まります。その後こちらも約1カ月に1度くらいのペースで大会が開催されることになります。そして11月までに10戦が繰り広がられることになります。このような感じで、中部地区では、競技会が開催されることになります。そのほかにも全日本の競技会についても開催されることになります。全日本の競技会は、3月に開幕をします。そして1カ月に1度くらいのペースで開催されることになって、10月までに9戦が実施されることになります。だいたい毎週の日曜日、どこかで競技会が開催されていると思ってもらっていいでしょう。ちなみに全日本の競技会についてですが、日本各地のサーキットで実施されることになります。2012年の実績を見てみると、関東では本庄サーキットやもてぎ北ショートコースが会場として使われています。北海道では、オーツスポーツランドスナガワと言う所で、競技会が開催されています。東北地方では、仙台ハイランドと言う所で、競技会が実施されています。近畿では名阪Cコース、中国地方ではTSタカタサーキット、九州ではモビリティおおむたと言う所で開催されています。
中部地方では、いくつかの会場で競技会が実施されています。イオックスアオーザや鈴鹿サーキットの南コースなどで競技会が実施されています。このように全日本は、いろいろな所で競技会が実施されていることになります。